コロナ禍で帰国【エミレーツ航空】ドバイ乗り換え~機内(関空到着)までの様子

エミレーツ航空機内 帰国フライト

2020年12月末に、エミレーツ航空を利用して、ドイツから日本に帰ってきました🛬

今回は、ドバイでの乗り換えの様子~関西空港に到着するまで(後半)の記録です😊
前半の記事はこちら⇩

コロナ禍で帰国【エミレーツ航空】空港でのチェックイン~機内(ドバイ行き)での様子
2020年12月末に、エミレーツ航空を利用して、ドイツから日本に帰ってきました🛬今回は、ドイツを出発してドバイ空港に到着するまでの記録です😊空港での様子当日空港に到着すると、チェック...

ドバイでの乗り換え

前回エミレーツ航空を利用した時に両替した5Dh(ディルハム)と、追加で両替した41.75Dh(10€分)で、ペットボトルの水を2本買い、フードコートで温かい食事(アジア料理)を取りました。

ドバイ空港内で、お得に水(ペットボトル)を買う方法
長く遠い日本までの道のり…。日本到着後のコロナ検査にどれだけ時間がかかるか分からないので、乗り継ぎの空港では、必ずペットボトル入りのお水を手に入れておきましょう。日本行きの機内で水をもらうことも可能ですが、特に子連れには、少量ず...

フードコートでは座席を開けて座るようになっていましたが、混みだしてくると「そうは言っても、座って食べたいよね」という感じで、使用禁止(使わないでください)のテーブルも普通に使われていました。

席を詰めて座っていても誰も文句も言わず、注意もされないので、あくまで自分たちでお互いの距離に気を付けてくださいね、という感じでした。ちなみに、フードコートの食事はテイクアウト可能です🍔

ドバイ空港内レストラン座席使用禁止の張り紙

うちは、あと一人で自分たちの順番が回ってくる!という時に「おしっこ」と言われ、トイレに直行。戻ってきてまた並びなおして…とちんたらやっていたので、逆に人が少なくなって、いい感じに距離を保てる席が取れました。

ドバイ空港で食べたasian rice
アジア料理のお店で注文したフライドライス(味が濃い!)

食事が終わると他にすることもなかったので、下の子のおむつを交換し、搭乗ゲート付近で子どもと遊んで時間をつぶすことにしました。

ドバイ空港のトイレ(便座と洗面所)には、日本のTOTOが使われていて、とてもスタイリッシュなデザインでした。日本のTOTOがこんなところでも活躍しているのが、なんだか誇らしかったです😊

搭乗ゲート付近のベンチに座って、水を飲んだりお菓子を食べたりしているうちに下の子が寝てしまったので、上の子と絵本を読んで搭乗開始時間を待ちました。リュックに入れていた抱っこひもを使って下の子を運ぶことが出来たので、抱っこひもを入れておいて良かったです。

手荷物に入れて邪魔だったぬいぐるみを活用すべく、下の子の枕の代わりに使いました。(しまじろうパペットの頭部分)

機内での様子(関空行き)

関空行きの機内は空いている座席も多く、私たちも横並びの4席を自分たちだけで使うことができました😊

ただ、私たちの座席がバシネットを設置できる席(テーブルがひじ掛けから出る仕組み)だったこともあり、真ん中のひじ掛け以外は固定されていて上にあげることが出来なかったので、他の座席のように肘当てをとっぱらって広々と使うことは出来ませんでした。

小さなことですが、子どもが寝たときに一人しか横に寝かせられないので、もう一人は私が抱っこして眠ることになりました。ずっと抱っこしてると結構重いです💦(首も痛い…)

うちの子どもたちは、ドバイ行きの飛行機では一睡もしなかったのですが、ついに疲労がピークに達したらしく、関空行きの機内では機内食やお菓子に見向きもせず、ひたすら寝ていました。

離陸後、割と早い段階で『到着後に必要な書類』が配られたので、子どもが寝ているうちに3人分の記入を終えて、私も寝ることにしました。

今までは関空に到着したら旅も終わったようなものでしたが、今回は到着後にコロナ検査(+3時間)が待っていたので、体力回復と温存に努めました。

エミレーツ航空機内

関空行きの機内では、衛星キットやアメニティは配布されずちょっぴり残念でしたが、CAさんはとても親切な方が多く、全体的に空いていたこともあり、ドバイ行きの機内よりもずっと快適に過ごすことができました😊

感想

ドバイ空港は広いので、フードコート(レストラン)、トイレ、搭乗口と、ひとつひとつ距離があり、移動が大変でした。買い物を楽しんだりする分にはとても良いですが、子どもがあるくのを嫌がったり、ちょろちょろ走り回るのを追いかけたりしていると、親の体力消耗が半端ないです。

特に私は総量10kgの荷物を抱えていたので、ちょっとした移動がトレーニングのようでした。(実家に到着する頃には利き腕の筋肉痛が始まっていました…)

ドバイから一緒だったと思われる日本人家族が、お父さん+子供+荷物で場所取りして、お母さんが食べ物を確保しに出かけているのを見て、心の底からうらやましかったです…

ただ、途中何人か小ぶりのカートを使用している人を見かけたので、もしかしたらどこかにカートが置いてあったのかもしれません。私は空いているカートが見つけられず、貸し出し用のベビーカー置き場も空だったので、使うことが出来ませんでした。カートかベビーカーがあれば、空港内の移動も随分楽だったと思います。

私としては、関空到着後のコロナ検査よりも何よりも、ドバイでの空港が一番キツかったのですが、何はともあれ、トラブルに遭うこともなく無事に帰ってこれたので、この時のトレーニングも無駄じゃなかったと信じています(笑)

この時は、『荷物が重い、疲れた、寝れない、次の機内でも静かに過ごせるか心配、この先何時間かかるのか不安…etc.』と体力的にも精神的にも限界に近くてイライライしてしまいましたが、実際は思っていたよりもずっとマシでした🤪

コメント

  1. ドバイの食べ物は見たことがないです。

    • ましろ ましろ より:

      コメントありがとうございます&返信が遅くなりすみません!
      ドバイ空港内にはカフェメニュー系の軽食、イタリアン、中華となんでもあるみたいです。ただし和食に関しては、「Udon(うどん)」を注文したのに「焼きそば」風のものが出てきたりと、想像と違っていた!という経験があります(^^;) ←5年くらい前の話です。

タイトルとURLをコピーしました