子供に7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)を聴かせた経過と感想 Stage7

7+bilingual stage7のDVD 7+BILINGUAL

今日からStage7、ついに最後のステージです😊

今回の旅の舞台は日本!最後のCDということで、これまで一緒に旅してきたメンバーが再登場し、日本のイベント・文化を体験します🌸🍉🍂✨

私の大好きなあの人も登場します!!笑

ということで、Stage7の感想です😊

Day31(31日目)

Nanaが作ってきたおにぎりを食べながら、Kevin&Carloが日本のお花見を体験します😊

第一声がCarloの「イタリアには桜の木がないんだぁ(ハフハフ)」というセリフです!

Carlo、キターーー(゚∀゚)ーーー!!!
やっぱりハフハフ言ってるYO🤩

期待を裏切らないハフハフ声に一種のなつかしささえ感じてしまいましたが、残念ながら「イタリア=桜の木がない」は誤情報かと思われます…💦

なぜなら、私が知っているイタリア人の家の庭には何本も桜の木が生えていて、毎年チェリージャムまで大量生産しているからです🌸

めっちゃさくら咲いてるYO🍒(日本の品種はないってことかな?)

それはさておき、Stage3で私が嫌がりすぎたおかげで、今では逆にCarloの声が大人気になってしまい、子どもたちが耳を傾けるようになってくれたのは予想外でした。

子どもたちよ、この調子でしっかりと聴いておくれ😂😂

Day32(32日目)

(おそらくNanaの家で)JuliaとLingが日本の蒸し暑い夏を経験します🌻

「泳ぐ以外にビーチでするイベントってある?」というLingの質問から、スイカ割りの話になります🍉

「一人ずつ目隠しして、ぐるぐる回るの。それで、スイカを割った人の勝ち😊」という、まったく面白くなさそうなNanaの説明に対し、Lingは「面白そう!」と返してくれていますが、Juliaは「そのあとスイカはどうするの?」と冷静に返しています。

確かに外国人目線で考えると、ビーチにスイカを置いて、目隠ししてスイカを割るって…それでスイカはどうするの?(そんなことが本当に面白いの?)って感じかもしれませんね

スイカ割りというと、実際にやるかどうかはさておき、イメージ上では夏遊びの定番ですが、冷静に考えてみると、普通に食べたほうがキレイに切れるし、冷やしたてを食べられるので確実に美味しいよね、と思い出させてくれたJuliaに感謝😇

うちの子どもたちは、スイカ割りをしてみたい🍉🤩という話で盛り上がり、クルクル回る練習を始めてしまったので、今日も身についているような実感は全くないまま聞き流して終了しました😇

スイカ割りなんて…後片づけも面倒だし、そもそも冷蔵庫に丸ごとのスイカなんて入らないし、割るだけ割って満足したら大人が残飯処理させられるのが目にみえているので、とりあえず却下でーす🙅

Day33(33日目)

NanaとShivaが紅葉した銀杏並木を歩きます🍂🍂

あまりの美しさに、Shiva感動….🥺✨

黄色いトンネルの中を歩いているみたい!と喜んでいました

「何本くらいあるんだろう?」「とってもリラックスできるよね」「写真を撮って、家族に見せるよ!」なんていうフレーズが、結構使えそうな感じです😁

子どもたちは今日も完全に聞き流していました😇これ以上ないほど、完璧なる「聞き流し(全く聴いちゃいない)」にむしろ美学さえ感じます🌹

Day34(34日目)

NanaとMariaが日本の旅館に来ています♨

「床で寝るのには慣れた?」「(布団は)日本の寝具のことよ」というセリフや、仲居さんが部屋に食事を運んでくれる話が、実際外国人を日本に迎える立場になった時に役立ちそうなフレーズが満載です😊

実際、アニメなんかで日本に憧れている人も多いし、「友達(知り合い)でもいない限り日本なんて行くことないだろうから!」という理由で、海外旅行先で知り合った人が本気で日本に遊びに来ることも結構あります🗾(今の状況下では無理でしょうけど…)

子どもたちはMariaとNanaの会話を聴いて「(私たちも)温泉に行ったことある?」と温泉の話をふってきたので、一応耳を傾けてはいたようです。

ただ、今日もリピートは一切していません🙈💦

Day35(35日目)

いよいよ最終日….。たかが35日間と言えど、まったく聴いてもらっていない中でNanaたちもよく頑張りました( ノД`)シクシク…

Day35は、我らがCarloが遅刻してくるシーンから始まります。

たかが10分遅れたくらいで、KevinとMariaからめっちゃ責められています🥺
お前たちはドイツ人か!むしろブラジル人の方が、時間にルーズだろ!(※偏見です、すみません)

JuliaとNanaに「まぁまぁ、落ち着いてよ」となだめられつつ、みんなで国立競技場に向かいます。

そして「国立競技場の目的は、スポーツで競い合うことだけではなく、スポーツを通して争いごとをなくすことよ😇」と、教科書に出てきそうなフレーズが続きます。

それから「破断の色や宗教に関係なく、僕たちはひとつ、私たちはひとつ…😌」みんなでリピートが始まります。

正直、あれ?七田式ってどこかの宗教のCDだったの?と一瞬、引きました😨

私がガチで引いている間にもNanaたちの会話は続き、「いっつも遅れてくるんだから!」と怒られていたCarloに対して、「さっきは怒鳴ってごめんね」という謝罪が入ります。

それに対してCarloは「気にしないで」と笑顔で答えていますが、私としては、「そこは『僕こそ遅れてごめんね』だろ!」とCarloの返答にイラつきを隠せませんでした😇(ハフハフ言ってんじゃねぇよ)

https://room.rakuten.co.jp/room_mas20/1700113847058370

👆これはタラタラしてんじゃねーよ😇

なにはともあれ、最後には話が上手くまとまって、35日間のストーリーが終了しました☆
(私のROOMにも遊びにきてね😉←)

Day31~35を聴いた感想

最終Stageは、今まで出会ったキャラクターたちを日本でもてなす?カタチで展開されていました。

日本の文化や風習を伝えるにはもってこいなフレーズが各Dayに散りばめられていたので、ボリューム的にも、内容的にもなかなか良かったのではないかな?と思います😊

ただ、個人的な感想としては、最後の「私たちはひとつ…」のところがちょっと気持ち悪かったです🤢

最後に話をまとめるには、しょうがなかったのかもしれませんけどね

そんな感じで、薄々感じていた予感が的中して、子どもたちが英語を話し始めないまま35日間が終了しました

7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)を買ってみた感想、試してみた感想はこちらでまとめています😊本音で書いてますので、良かったら参考にしてください😇

子供に7+BILINGUAL(セブンプラスバイリンガル)を聴かせた感想。ぶっちゃけ35日じゃ効果なし!
「効果なし」って最初から書いてしまってますが、正しくは我が家みたいにただCDをかけ流していただけでは35日間(1周目)終了時点で効果が実感できなかった、ということです。つまり、車の中でCDを流し続けたら、約1か月後には子どもが勝手...

うちはダメでしたが、効果があった家庭(お母さんと子どもの努力)を心から尊敬します✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました